採用情報

採用情報 第一海外営業部

第一海外営業部

経済学部 経済学科 2008年卒 第一海外営業部


今までやった仕事

広島支社営業課で約2年半、島根県エリアを担当し、営業の基礎を学びました。その後、本社の海外営業部でアメリカ現地法人と南アフリカ代理店への輸出業務と営業を担当しています。

これが私の仕事


お客様に『Betterな提案』を提供し、『信頼』を築く仕事です。

顧客のニーズに沿った製品を供給をするために、製品仕様の提案を行います。 案件ごとに、客先の情報、機械の仕様、1台当りの部品数、将来見込まれる需要量等を調査し、当社の生産納期、価格、技術的な課題などに関して折衝、調整をします。同時に、数年後にお客様が必要とする仕様を新製品の開発ソースとして会社に提案しています。 海外の市場、現場を把握するため出張も増えており、代理店や顧客にプレゼンを行い、製品のPRもします。海外市場の開拓では、まず"会社を知ってもらうこと"から取組んでいます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き


ベアリングは縁の下の力持ち。日本の機械産業を支えます!

社員を大事にする会社であること、日本の機械産業に貢献できると感じたことが最も大きな理由です。 入社してからは、自分のやりたいことを任せてくれる懐の大きな会社であるとも感じました。 新入社員への研修やサポートもしっかりしており、先輩社員は積極的に後輩をサポートしようとする風土があります。特に、海外営業部はこれから体勢を整えていく段階です。 市場を開拓していくことを実感できる部署だと思います。 海外市場の開拓をしてみたい方には是非、海外営業部へ来ていただきたいと思います。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード


『一歩ずつ確実に、会えないからこそ丁寧に』

日本の工場と海外のお客様をつなぐ重要な役割を実感できることがこの仕事の醍醐味です。 海外では言語や文化の違いがあります。海外メーカーの設計思想も日本のメーカーとでは根本的に異なるため、同じ業種でも当社製品に求められるものが変わってきます。 徹底した部品削減により低コストを追求するものか、省エネを目的とした高品質な製品に仕上げるのかで、採用される当社製品の仕様にも違いが生じます。 開発者やユーザーの意見を汲み取り、正確な情報を社内に伝え、顧客のニーズに合った提案をすることにより、当社製品が採用されたときは非常に嬉しく、次の仕事へのモチベーションアップに繋がりました。

今だから話せる、一番の失敗談


間違った提案、製品破損の危機!!

お客様から標準品では対応できない案件の相談を頂きました。 技術的課題をクリアするために、仕様について折衝を行いましたが、コミュニケーション不足から要求仕様を満たしていない図面を作成、提案をしてしまいました。 幸いにも注文となる前に問題に気付き、適切な仕様の製品を再度提案して、受注を頂くことができましたが、気付かずに納品していれば、製品はすぐに破損し、信頼を失っていたと思うと今でも冷や汗が出ます。それ以降、どんなに急いでいる案件であっても、仕様の重要な部分に関しては打ち合わせに時間をかけるようになりました。

先輩からの就職活動アドバイス!


『敵を知り、己を知れば、百戦危うからず』 就職活動お疲れ様です。就職活動は限られた時間と選択肢の多さもあり、私自身も苦労したことを覚えています。 就職活動にあたり、あまりにも有名ですが孫子の言葉を贈りたいと思います。 大切だと感じるのは、"ここなら自分のやりたいことが出来る!"と感じられる会社であること、そしてそれを成すために自分が持っている能力、これから鍛えていく必要のある能力が何かを考え、志を持って素直にアピールすることだと思います。 皆さんが自分にとって良い仕事を見つけ、幸せなキャリアを築けることを切に願っています。

エントリーはこちらから

リクナビ2019



PAGE TOP