会社情報

会社情報 ブランド理念実現体制

ブランド理念実現体制

IKOブランドを支える3つの力

高品質、高付加価値のIKO製品によってお客様のニーズに細やかに応え、社会に新たな価値を提供していくため、日本トムソンでは生産部門、技術部門、販売部門という各部門が、品質管理力、技術開発力、顧客対応力をそれぞれ高め、それらを連携させながら事業活動を展開しています。

品質管理力

生産部門

高品質・多品種生産を実現する
品質管理力

「IKOを選ぶ理由」である高品質を保つ努力「IKOを選ぶ理由」である高品質を保つ努力

「IKOを選ぶ理由」である高品質を保つ努力

高品質・高精度は、お客様がIKOブランドを選んでくださる大きな理由——。日本トムソンではこのように考えています。また、ニードルベアリング、直動案内機器、さらに制御用電装装置と摩擦低減機構を位置決めテーブルに一体化した精密位置決めテーブルなど、幅広いニーズに対応するさまざまな製品を取り揃えているのもIKOブランドの特徴の一つ。これら多彩な製品において、長期にわたる信頼性を実現しつづけられるよう、生産面における努力を継続しています。

確かな品質管理体制のもと最適生産を目指すISO品質マネジメントシステム登録証

確かな品質管理体制のもと最適生産を目指す

当社では、国際的品質マネジメントシステム「ISO9001」を取得した確かな品質管理体制のもと、長年培ってきた生産技術を活かし、製品の熱処理、研削、組立、検査などを一貫して行う丁寧な製品づくりを実践しています。また、この品質を世界にいち早く届けるために海外生産拠点の増強と体制強化に努め、最適地生産を進めるとともに各生産拠点における効率化を推進。品質の向上と供給の安定に注力しています。

登録証番号:JQA-2421
登録事業者:日本トムソン株式会社 岐阜製作所
登録証番号:JQA-QMA11232
登録事業者:日本トムソン株式会社 鎌倉工場

技術開発力

技術部門

高度な技術によりお客様視点で新たな価値を創造する
技術開発力

各部門の連携を生かし、顧客ニーズに沿った技術開発を推進各部門の連携を生かし、顧客ニーズに沿った技術開発を推進

各部門の連携を生かし、顧客ニーズに沿った技術開発を推進

独自の価値ある製品でお客様のニーズに応えるIKO。その製品開発の支えとなっているのが、国内で初めてニードルベアリングの自社開発に成功した技術力と、お客様の声を真摯に受け止める姿勢です。IKO製品の開発では、お客様の視点に立った製品を生み出すため、担当部署である技術部門の力はもちろん、販売部門や生産部門が持つ情報とノウハウも活かしながら、全社が一丸となって開発を行っています。

次世代の軸となる価値ある製品を創造CルーブリニアローラウェイスーパーX」も
顧客ニーズから生まれた製品の一つ。

次世代の軸となる価値ある製品を創造

こうした環境のもと、IKOではお客様の要望を具現化する形で多数の製品が生まれています。外部からの潤滑油供給を長期間必要としない「Cルーブ・メンテナンスフリーシリーズ」は、潤滑管理を削減するというニーズに適した独創的な製品。また高温・超高速回転という過酷な使用条件の、ロードレース用モータサイクルエンジンに使用されるニードルベアリングも開発しました。さらに高精度・高剛性の直動案内機器「リニアローラウェイスーパーX」では世界最極小タイプも製品化するなど、サイズ面でのニーズにも柔軟に対応しています。今後も高度な技術と真っ直ぐな思いによって、次世代の社会の軸となる価値ある新製品を生み出していきます。

顧客対応力

販売部門

お客様に密着した提案型営業活動でニーズに応える
顧客対応力

全社体制により最適な技術・アイデアを提案最適な技術・アイデアの提案により、
個別のニーズに細やかに寄り添う

全社体制により最適な技術・アイデアを提案

お客様のニーズへ細やかに寄り添う対応力は、IKOブランドが誇りとする部分。その担い手として最前線で力を尽くしているのが、国内外の営業担当者です。日本トムソンではお客様の声を技術・生産部門へ速やかにフィードバックし、社内で各部門が連携しながらユーザーニーズに対応。また営業担当者一人ひとりが「お客様に密着した提案型営業活動」を積極的に展開し、あらゆる場面で最適な技術・アイデアを提案。お客様とともに発展していくことを目指します。

製品を深く理解していただくために最適な解決策につながる豊富な製品を
紹介するプライベートショー

ニーズ対応力を支える豊富な製品群

多様なニーズに最適に応えるため、豊富な製品を取り揃えているのもIKOの特徴です。豊富な製品を深く理解していただくため、ほとんど全てのシリーズを展示している岐阜製作所内ショールーム「IKO Today」や、国内外の展示会の出展、地域密着をコンセプトにした、プライベートショーなど多彩な活動を積極的に展開。環境負荷を低減する基幹要素部品・ベアリングの提供という事業を通じ、社会に広く貢献していきます。




PAGE TOP