採用情報

採用情報 東部支社 営業技術課

東部支社 営業技術課

機械工学科 2005年卒 東部支社 営業技術課


今までやった仕事

ニードルベアリング及び直動案内機器の生産現場、直動案内機器の設計を経験した後、現職で営業技術を担当しています。

これが私の仕事


お客様への技術対応

技術的な内容に関するお客様への対応や営業のフォローを行います。具体的には、製品を選定する際の寿命計算や剛性計算、お客様の使用条件に基づく最適な形番選定や使用方法の提案等を行っています。また、お客様から標準品にはない、特殊仕様の製品のご要望を受けた際、仕様内容を正確に技術及び生産部門に展開します。そして、製品の製作の可否や、製造側から見たコストダウン案等について確認し、製品仕様をお客様と取り決めていきます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き


確かな技術力のある部品メーカ

学生の頃オートバイを趣味にしたことがきっかけで、機械製品全般に興味を持つようになりました。自分の興味があることや、様々な業界に関わることができることから、就職活動の対象を機械部品メーカに絞って考え始め、日本トムソンに出会いました。当社はレース用オートバイのエンジンに採用されるニードルベアリングも製造しており、確かな技術力があります。また、多品種少量生産でお客様の様々なニーズに対応していく企業体制に魅力を感じ、この会社を選びました。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード


会社一丸となって仕事を進めている実感が得られます。

ものづくりは、購入していただくお客様にとって直接の窓口となる営業部門、製品を製造する生産部門、製品に組み込まれる部品を調達する調達部門、製品を開発する設計部門等様々な部署から成り立っています。 私は技術的な立場からお客様の要望を社内に展開する仕事をしているため、また、当社は多品種少量生産を行い、顧客に応じたカスタマイズ製品を多く製作してるため、社内の様々な部署と調整をとることが非常に重要です。 お客様から、製作実績のない製品についての要望を受け、社内の関連部署と調整をとりながら、製品化し、お客様に提供して満足して頂く。 このように会社一丸となって仕事を進めている実感を得られるところが好きです。

今だから話せる、一番の失敗談


製品知識不足が原因で納期遅れに…。

営業技術課に赴任したての頃、お客様から、既に納品したメカトロ製品の立ち上げがうまくいかないと相談を受けました。 メカトロ製品は電装装置の初期設定が必要ですが、私が一通り確認しても問題は見受けられませんでした。 メカトロ製品の開発部署に協力を要請し、客先へ同行して確認したところ、お客様が用意した上位制御装置の初期設定不足が原因だということが分かりました。 これを突き止めるまで非常に時間をかけてしまい、お客様の装置の納期に遅れが生じてしまいました。 私が初期設定を確認した段階で、当社製品に問題はないと自信を持って言えれば、もっと早く原因が究明できました。 日本トムソンでは様々な製品シリーズを展開しています。その取り扱い製品に対する知識を早く身に付け、自信を持って対応できるようにならなくてはと反省しました。

先輩からの就職活動アドバイス!


限られた時間の中で、会社の実情を見極めるのは非常に難しいと思います。 同じ業種であっても、会社によって規模や企業体制、得意分野等に違いがあります。 自分にとってどのような体質の会社が向いているのかを良く考えた上で、あとは自分の直感を大事にして頑張ってください。

エントリーはこちらから

リクナビ2019



PAGE TOP