会社情報

CSRの取り組み 多様性

SDGs-3-5-8

女性活躍推進への取り組み

女性活躍推進への取り組み

女性の職業生活における活躍の推進のため、以下のとおり女性採用の強化と働きがいのある職場づくりを推進していきます。

1.計画期間


2019年4月1日~2022年3月31日

2.当社の課題

(2019年2月28日時点での数値より)
(1)3年間の取り組みで女性の人員は増えたが、構成比ではまだ少ない。
 女性人数 114名(2016年3月31日比で+34名)
 女性比率 10.9%(2016年3月31日比で+2.3%)
(2) 3年間の取り組みで管理・監督職に占める女性の人員は増えたが、構成比ではまだ少ない。
 女性人数 33名(2016年3月31日比で+12名)
 女性比率 5.8%(2016年3月31日比で+1.6%)

3.目標と取組内容


【目標1】女性が活躍できる職場であることについての求職者に向けた積極的広報を実施する。
<取組内容>
 女性向けの会社説明会やインターンシップを積極的に開催し、女性社員の採用増を図る。
【目標2】職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる職場風土づくりに向けた意識啓発をする。
<取組内容>
 社内報等にて会社の産休・育休等支援制度の周知を実施する。
【目標3】管理・監督職の女性人員を33名から30%以上増加させる。
<取組内容>
 自己申告制度に基づき、女性社員の異動希望者を把握、対象となる社員に対して
 管理・監督職への育成を目的とした教育を実施する。


関市女性が働きやすい職場ロゴ

「関市女性が働きやすい職場」に認定


日本トムソンの主力工場である岐阜製作所が「関市女性が働きやすい職場」として、関市役所から認定されました。これは、育児・介護や働く女性の母性健康管理、母性保護に関するルールの整備と定めなど13項目の条件を満たした企業が認定されるものです。

岐阜製作所では、現在約500名の女性が活躍しております。今後も、各職場が子育て世代の従業員に配慮し、子供の学校行事や病気などによる休暇を取得しやすくするなど、女性がよりいきいきと働くことができるよう、更なる環境整備に努めてまいります。

導入実績制度

導入実績制度
支援名称 内容
育児休業制度 最大で子どもが満2歳になるまで取得可。
育児短時間勤務制度 最大で子どもが小学校3年生の3月末に達するまで、1日2時間まで勤務短縮可。
看護休暇制度 小学校入学前の子どもの病気・ケガによる看護休暇。
子が1人であれば年間5日、2人以上であれば10日まで。半日単位での取得も可。
介護休業制度 対象家族1人につき、通算して最大186日の範囲内で取得可。
介護短時間勤務制度 対象家族1人につき、3年の間で2回までの範囲内で、1日2時間まで勤務短縮可。
介護休暇制度 対象家族1人につき年間5日、2人以上であれば10日まで。半日単位での取得も可。





PAGE TOP