CSRコーナーイメージ

CSRの取り組み 環境方針

SDGs-7-12-13

社会・環境への取り組み

理念

日本トムソン株式会社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、企業の社会的責任として、環境に配慮した企業活動を行い、環境負荷を低減し、豊かな地球環境の実現に貢献する。

環境方針

1 ニードルベアリング、直動案内機器及びメカトロ製品等を製造・販売する企業として、その事業活動や製品・サービスによって生じる環境負荷を的確に捉え、低減に努める。
2 環境汚染の未然防止を図るため、環境管理体制を整備し、継続的な環境保全活動を推進する。
3 環境保全に関する法律、条例、協定及びその他の要求事項等を遵守し、国や自治体等の実施する施策に積極的に協力するとともに、必要に応じて自主管理基準を定め、一層の環境保全に努める。
4 社会に貢献する「技術開発型企業」を目指し、環境負荷を低減する製品の設計、開発を継続的に行う。
5 すべての構成員に環境教育を実施し、環境方針の周知と環境保全に対する意識向上を図る。

グリーン調達

地球環境の保全に積極的に取り組んでいます。

日本トムソン株式会社は、1998年度より「企業の社会的責任として環境に配慮した企業活動を行ない、環境負荷を低減し、豊かな地球環境の実現に貢献する」を基本理念として、企業活動を行っております。

弊社は、環境に配慮した製品をお客様にお届けすることが、地球環境の保全につながると考え、2003年には「グリーン調達基準書」を制定し、お取引様のご理解とご協力を得て、グリーン調達を推進してまいりました。

弊社は、この基準に基づき、お取引様や調達する物品について、環境負荷に関する調査や評価を行い、グリーン調達を一層推進し、お取引様の皆さまと共に、豊かな地球環境の実現に貢献したいと考えております。

欧州RoHS指令への適合

独自の環境管理基準により、全ての製品が欧州RoHS指令に適合

ニードルベアリング、直動案内機器は、地球環境の負荷を低減する管理システムにより、ISO-14001及びISO-9001に裏打ちされた品質レベルで生産されております。また、これらの製品は、すべて欧州RoHS指令6物質に適合しています。

オイル・ミニマム

「オイル・ミニマム」の発想から生まれたCルーブ・メンテナンスフリーシリーズ製品

ベアリングは、回転部分の摩擦を低減することで動力のロスを少なくし、さまざまな装置を省エネルギー化する機械要素部品で、それ自体が地球環境の負荷低減に貢献しています。当社は、お客様の給油管理工数を削減するため、「オイル・ミニマム(Oil Minimum)」をキーワードに掲げ、多量の潤滑油を含浸した潤滑部品「Cルーブ」を開発し、ベアリングや直動案内機器に組み込みました。「Cルーブ」は、潤滑油の使用量を最少限に抑え、長期間にわたり最適量の潤滑油を供給するため、地球環境に貢献し、製品の長期メンテナンスフリーを実現します。

ISO 14001

国際規格にもとづき環境活動を展開

次の世代のために豊かな地球環境を維持していくことは、企業の社会的な責任のひとつです。当社は、1998年に「環境方針」を制定し、環境への新しい取り組みをスタートさせました。環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を取得するとともに、国内外の法令を遵守することはもちろんのこと、欧州のELV指令やRoHS指令に代表されるさまざまな規制にも対応しています。またCO2排出量・廃棄物発生量の削減など、環境自主行動計画にも積極的に取り組み、「日本トムソングリーン調達基準」によるサプライヤーからの環境に配慮したグリーン調達を実施し、多くのお客様から「グリーン調達認証」を取得しています。

ISO環境マネジメントシステム登録証
登録証番号:13ER-902
登録事業者:日本トムソン株式会社 生産・技術部門

地域に密着した環境活動を展開
「岐阜県環境配慮事業所」登録証

環境教育

環境保全への取り組みをより深め、より実効性を上げていくには、従業員一人ひとりの環境への意識を高めながら、正しい知識に基づいて取り組みを実践することが何より重要です。

ISO14001を認証取得している当社では、新入社員教育をはじめ、従業員の意識を高める啓発活動と知識を深める階層別教育を継続して実施。
今後も従業員の環境意識を醸成する活動に取り組んでまいります。




PAGE TOP