IKO日本トムソントップページへ

お問い合わせ
文字のサイズ 小 中 大
会社情報 IKOテクノロジー 製品情報 社会・環境への取り組み ダウンロード カタログ請求 展示会・見本市情報 IR情報 採用情報
TOP > 製品情報 > 直動案内機器:直動シリーズ > リニアウェイL

直動案内機器:直動シリーズ

IKO リニアウェイL LWL/LWLF

IKO リニアウェイL LWL/LWLF

IKOリニアウェイLは、軌道と4点で接触する鋼球を2条列に配置した構造のため、極めて小形にもかかわらず、方向や大きさが変動する荷重や複合荷重が作用する用途でも安定した精度と剛性が得られます。ステンレス鋼製を基本仕様として形状やサイズの種類が豊富にそろっており、用途に応じて適切な形式を選択できます。

ダウンロード

CADデータをダウンロード 製品カタログPDFをダウンロード
カタログに掲載のない製品もございます。また、お客様のご要望に合わせ開発もいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

製品特長

フリーコンビネーション
ボール保持式にはフリーコンビネーションの製品があります。スライドユニットとトラックレールが個別に寸法管理されているので、それぞれを自由に追加・交換することができます。
標準形と幅広形
スライドユニットの幅形状には、標準形とトラックレール単列での使用に適した幅広形の2つの形状があります。
スライドユニット長さ
ステンレス鋼製のボール保持式には、同じ断面寸法でスライドユニット長さの異なるショートタイプ・スタンダードタイプ・高剛性ロングタイプの3種類があり、用途に応じた適切な選択ができます。
ステンレス鋼製と炭素鋼製
耐食性に優れたステンレス鋼製は、医療機器・各種ディスクの読取り装置及び半導体製造装置などのクリーンルーム内で使用する機械・装置に最適です。トラックレールに追加工が可能な炭素鋼製は、搬送装置やハンドリング装置などの汎用的な用途に使用されています。
ボール保持
ボール保持式のスライドユニットには、鋼球保持バンドが組み込まれているので、トラックレールからスライドユニットを取り外しても鋼球が脱落する心配がなく、取り扱いが容易です。
タップドレール
トラックレールは、通し穴にボルトを通して下方向に取り付ける標準仕様と、トラックレールにねじが加工されたタップドレール仕様があり、取付方向が自由に選択できるので、機械・装置の設計の自由度が広がります。
カタログ請求はこちら製品に関するお問い合わせテクニカルサービスサイトへ生産・終了販売製品
このページのトップへ
サイトマップ個人情報保護方針このサイトについて 日本トムソン株式会社
Copyright © 2013 NIPPON THOMPSON CO.,LTD. All Rights Reserved.