会社情報

会社情報 トップメッセージ

トップメッセージ

IKOは社会を支える グローバルカンパニーへと成長してまいります。

1950年に設立された日本トムソンは、「社会に貢献する技術開発型企業」という経営理念のもと、各種機械の重要要素であるベアリング(軸受)および関連機器などの製造販売を行っています。

ブランド名であるIKOには、革新的で(Innovation)、高度な技術に立脚し(Know-how)、創造性に富む(Originality)という意味が込められています。日本トムソンでは全社員がこの「IKO」に込められた思いを行動規範としながら、日本で初めてニードルベアリングを自社開発した高度な技術を活かし、多様化するニーズに対応する高品質の製品を世界で提供してきました。

IKOブランドが選ばれる大きな理由である「高品質・高精度」を、多彩なニーズに応える幅広い製品で実現しつづけていく——。当社ではこの目標のため、確かな品質管理体制のもと、丁寧な製品づくりに情熱を注いできました。

また、次世代の社会の軸となる独創的で価値ある製品を生み出すべく、高度な技術と真っ直ぐな思いで開発に注力。「お客様に密着した提案型営業活動」を実践すべく、お一人おひとりのご要望に細やかに寄り添い、最適なソリューションを提供しています。

そして、全部門が一体となってお客様の課題解決に取り組み、お客様とともに成長していくという意識を全社で共有しながら、企業市民としてのコンプライアンスの徹底はもちろん、豊かで美しい地球環境の実現に向けて環境に配慮した企業活動を推進しています。

機械をスムースに動かすためのベアリングは、環境負荷を低減する働きをもつ基幹要素部品であり、その名前は“支え”という意味をもっています。ベアリングの機能が向上すれば、あらゆる装置の技術革新が進み、社会の課題の解消にもつながる。当社ではそうした事業活動を通じ、社会を支え、世の中から信頼され、必要とされる存在を目指して、グローバルな舞台でさらなる成長を続けていきます。


日本トムソン株式会社 代表取締役社長

宮地茂樹




PAGE TOP