製品詳細背景画像

直動案内機器 クロスローラウェイシリーズ

  • クロスローラウェイ
  • ラック&ピニオン内蔵形クロスローラウェイ

直動案内機器 クロスローラウェイシリーズ

CRWG CRWG…H CRW CRWM

IKO クロスローラウェイは、V字形状の2平面を軌道溝とした2本の軌道台の間に保持器付き円筒ころを組み込んだ直動案内機器です。円筒ころを交互に直交させて配列しているので、あらゆる方向の荷重を受けることができ、極めて高精度で円滑な直線運動を行います。サイズの種類が豊富にそろっており、用途に応じて適切な形式を選択できます。

保持器ずれを解消

独自設計のラック&ピニオン機構を内蔵することにより、保持器ずれを完全に解消しました。立軸など、従来のクロスローラウェイでは、使用しにくい用途でも安心です。動作速度を高めても、保持器ずれを気にする必要がありません。長時間の運転でも保持器ずれの矯正動作を組み入れる必要がありません。

取付寸法が完全互換

軌道台の内側にラックを配置する独自の構造を採用し、従来のクロスローラウェイと取付寸法の完全互換性を実現しました。外形寸法が同じなので、新規用途にはもちろん、従来のクロスローラウェイを使用している機械・装置に、取付寸法の変更なしで置き換えることが可能です。

ラック&ピニオン内蔵形クロスローラウェイH

CRWG…H

ラック&ピニオン内蔵形クロスローラウェイHは、極めて高精度で円滑な直線運動を実現するIKOクロスローラウェイに、ラック&ピニオンによる保持器ずれ防止機能を内蔵した製品です。 従来タイプのCRWGの外形や取付寸法を維持したまま、軌道台接触長さの増加や円筒ころの本数を増やすなど、軌道接触部の仕様を徹底的に見直すことで大幅な定格荷重アップに成功しました。

機械装置の負荷容量、剛性が向上

従来タイプの軌道接触部の仕様を徹底的に見直し、大幅な定格荷重アップを実現しました。

保持器ずれを完全解消

独自構造のラック&ピニオン機構を内蔵することにより、保持器ずれを完全に解消しました。

取付け寸法が完全互換

軌道台の内側にラックを配置する独自の構造を採用し、従来タイプと同一取付け寸法になっているため、置き換えが容易です。

標準形とモジュール形

4本の軌道台と保持器付き円筒ころ2組を組み合わせて1セットとする標準形と、内側の2本の軌道台を一体構造にしたモジュール形の2つの形式があります。

円滑な運動

精度の高い軌道面に加え、スキューをおさえるため厳密に長さ寸法を管理した超精密な円筒ころを保持器に組み込んでいるため、極めて滑らかでスティックスリップのない摩擦抵抗の小さな直線運動が得られます。

高炭素クロム軸受鋼製とステンレス鋼製

標準形には、高炭素クロム軸受鋼製とステンレス鋼製があります。

取付けが容易

軌道台の取付穴は、ざぐり加工とめねじ加工が施されているので、軌道台の取付けは機械・装置のめねじに固定する方法と機械・装置側からボルトを挿入して固定する方法のどちらでもでき、取付構造も制約されることがありません。また、モジュール形の軌道台は、内側2本の軌道台を一体構造にしたもので、取付構造がシンプルになるとともに取付部の加工誤差もなく、より高い精度の直線運動が得られます。

ラインナップ

クロスローラウェイ

製品 材料 形状 形式 大きさ
1 2 3 4 6 9 12 15 18 24
ラック&ピニオン内蔵形
クロスローラウェイ
炭素鋼製 CRWG - - - - - -
ラック&ピニオン内蔵形
クロスローラウェイH
炭素鋼製 CRWG…H - - - - - -
クロスローラウェイ 炭素鋼製 標準系 CRW
クロスローラウェイ ステンレス鋼製 CRW…SL - - - - -
クロスローラウェイ 炭素鋼製 モジュール形 CRWM - - - - - -

特別仕様

専用ねじ

予圧調整側軌道台は、予圧調整により移動します。軌道台固定ねじと取付穴との間に移動できる余裕が必要ですが、余裕を十分にとれないときや、軌道台側から固定ねじを取り付けるときに便利な専用ねじを添付します。 この専用ねじは、固定側軌道台を取り付ける機械の取付穴やめねじの位置精度が十分でないときにも使用できます。なお、この専用ねじは炭素鋼製のみです。

ワイパシール

軌道面への異物の侵入を防止するため、端面止め板SBの機能を併せもったワイパシールに変更します。 ワイパシールは、すべての軌道台端部に取り付けることはできません。取付け位置はねじをゆるめて付け替えることができます。

高剛性保持器付き円筒ころ

保持器を、立軸の使用に適するよう設計された剛性の高い銅合金製保持器に変更します。この保持器は片側方向へのみころが脱落しない構造です。 なお、立軸で高剛性保持器を使用するときは、端面止め板SBとの併用を推奨します。

端面止め板SA

ストローク頻度が高く、振動や不等分布荷重などによる保持器のずれが予想されるときに、端部ねじを端面止め板SAに変更します。 なお、大きさ1の系列には、端面止め板SAに準じた端面止め板が標準装備されています。

端面止め板SB

立軸で高剛性保持器を使用するとき保持器のストロークを端部で規制するために、端部ねじを端面止め板SBに変更します。 端面止め板SBは、すべての軌道台端部に取り付けることはできません。取付け位置はねじをゆるめて付け替えることができます。




PAGE TOP