第3 【設備の状況】

1 【設備投資等の概要】

当社グループは、新製品の開発や製品の安定供給及び品質向上に対応した生産の合理化、コスト削減、環境対策等のための投資を継続的に行っております。当連結会計年度につきましては、全体で3,455百万円の設備投資を行いました。
 所要資金については、自己資金を充当しました。
 なお、当社グループは、軸受等ならびに諸機械部品の製造・販売を単一の事業としているため、事業の種類別セグメント及び事業部門に関連した説明は一括して記載しております。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

なお、当社グループは、軸受等ならびに諸機械部品の製造・販売を単一の事業として運営しているため、事業の種類別セグメント及び事業部門には区分掲記しておりません。

(1) 提出会社

平成20年3月31日現在

事業所名
(所在地)
設備の内容
帳簿価額(百万円)
従業員数
(名)
建物
及び構築物
機械装置
及び運搬具
土地
(面積u)
その他
合計
岐阜製作所
(岐阜県美濃市)
軸受等生産設備
4,002
7,624
1,096
(429,329)
1,354
14,078
390
[116]
中部支社
(名古屋市中川区)
外21ヵ所
軸受等販売設備
16
0
142
(3,413)
16
175
201
開発センター
(神奈川県鎌倉市)
研究開発用設備
19
29
1
(260)
72
120
34
本社
(東京都港区)
その他設備
807
144
122
(737)
245
1,318
71

(注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品及び建設仮勘定の合計であります。

2 上表には、貸与中のものが土地69百万円(60,443u)及び機械装置、工具器具備品等522百万円含まれております。

3 土地及び建物の一部を賃借しております。年間賃借料は277百万円であります。

4 上表のほか、工具器具備品を中心に賃借資産3百万円(年間リース料)があります。

5 「従業員数」欄の[外書]は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(2) 国内子会社

平成20年3月31日現在

子会社名
事業所名
(所在地)
設備の
内容
帳簿価額(百万円)
従業員数
(名)
建物
及び構築物
機械装置
及び運搬具
土地
(面積u)
その他
合計
日本トムソン販売
本社外
(東京都港区)
軸受等
販売設備
73
0
65
(32)
0
139
15
[2]
日本ディック
(注)2
本社外
(名古屋市中区)
軸受等・機械部品
販売設備
149
57
(553)
0
206
29

(注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品の合計であります。

2 土地の一部を賃借しております。年間賃借料は9百万円であります。

3 「従業員数」欄の[外書]は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(3) 在外子会社

平成20年3月31日現在

     子会社名
事業所名
(所在地)
設備の
内容
帳簿価額(百万円)
従業員数
(名)
建物
及び構築物
機械装置
及び運搬具
土地
(面積u)
その他
合計
IKO THOMPSON VIETNAM CO.,LTD.
本社
(ベトナム ハイフォン市)
軸受等
生産設備
400
34
− 
(20,400)
6
441
66

(注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品の合計であります。

2 土地の使用権を賃借しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

当社グループの設備投資計画については、生産計画、需要予測等を総合的に勘案して、主に提出会社が行っております。
 なお、当社グループは、軸受等ならびに諸機械部品の製造・販売を単一の事業として運営しているため、事業の種類別セグメント及び事業部門には区分掲記しておりません。
 当連結会計年度末における重要な設備の新設計画は、次のとおりであります。

 

会社名
事業所名
(所在地)
設備の内容
投資予定金額
資金調達
方法
着手及び完了
予定年月
完成後の
増加能力
総額
(百万円)
既支払額
(百万円)
着手
完了
日本トムソン
岐阜製作所外
(岐阜県美濃市)
軸受等生産設備・研究開発用設備等
911
3
自己資金
平成19年10月
平成20年9月
設備の更新・生産合理化のため、能力の増加は軽微となる見込。

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却・売却を除き、重要な設備の除却・売却の計画はありません。

 

なお、設備の状況における記載金額には、消費税等は含まれておりません。